Blog

2人の活動記録や日々のBlogです。感じたこと、皆様へお伝えしたいことを綴ります。
NEW POSTS
PAST POSTS
TAG
FOLLOW US !!
  • Facebook Social Icon
LINK

第5回GREATEST LIFE新春コンサートレポート

2月初めのコンサートは、東京浅草からスタートです。 後ろのスカイツリーがきれい!東京に出ると嬉しい田舎者のわたし。 今回のコンサートは「GREATEST LIFE浅草」1階にあるCAFFE BORBONE2225が会場でした。 会場はこんな感じです。普段は素敵なカフェとなっています。 沢山の方に来て頂き、満員御礼状態。 お客様にこんな近い状態で演奏するのは、いろんな意味でドキドキでした。 今回は「新春コンサート」との事でしたので、第一部は<ヨーロッパの春>、第二部は<日本の春>というテーマで進めました。 私たちDuoも衣装を変えて登場。 お客様みなさま、終始温かい雰囲気で とても真剣に聞き入ってくださっているのを感じました。 至近距離で、特にフルートなんか、うるさくないのか心配だったのですが 心地よく聴いて頂けたようで一安心。 終演後には、近い距離ならではの交流もありました。 曲の感想を言ってくださったり、感じたままのことをお伝え頂いたり、 音楽で素敵な時間を共有できたことが何より嬉しかったです。 中でも、クラカンプ作曲の≪6つの花のロマンス≫より「ROSE」(ばら)を演奏したのですが、 同じテーマの曲でも、作曲家によって全然曲のテイストが違うんですよね。当り前なのですが・・・。 そしてその違いは、こんな感じで違いますよ、と言葉で言わなくても、音楽で感じられてしまうところが何とも素敵。 お客様も、この曲に関しての感想などを言ってくださり、私たちもお話が出来てとても嬉しかったです。 クラカンプのバラに関しては、私個人の感想としては、 本当にバラの人生って大変なんだなと思います。

足幼連PTA研修会レポート

1月最後のコンサートは、足利市民プラザでのコンサート・・・ え!?研修会なのに・・・・な、なんなの? このチャランポランな写真は!! と思わないでくださいね笑 今回は、コンサートに加え、 足利市内の幼稚園連合会のお母さま、お父さまたちが 家に帰ってから、子ども達とちょっと話題に出来るような レクチャー体験コーナーも設けました。 このお写真は、その体験コーナーの時のお写真です笑。 ヒゲメガネ、私たち、結構板についてきたでしょ? 今回は流石にダンスまではしませんでしたが メガネと帽子は健在。 体験コーナーはこんな感じでした。 積極的なご参加、ありがとうございました! 何をやっているかは・・・ヒミツ☆ ぜひご自宅でも、外出先でも?(私はよく学生時代に居酒屋でやりがちだったけど) 色々なもので試してみてくださいね! モノの原理って面白いですよね。 色々な原理を辿っていくと、音楽の起源ってもしかしてこういう発見の連続だったのかな なんて思います。 そして・・・ 日頃、忙しい中子育てで頑張っていらっしゃるお父さま、お母さまたち。 本当に頭が下がります。 そんな保護者の皆様へ、子育ての合間にほっとできるような時間と 楽しく学べるものを、ということで有難いことに私にお話を頂きました。 また、そういう時間を保護者の皆様へプレゼントしたいという想いで 企画してくださった担当の先生方、会長さまはじめ役員の皆様も 本当に温かく、素敵な方たちばかりでした。 子どもは宝ですね。 子どもの笑顔は最高の宝です。 色々な方面から関わり合って、助け合って、 子ども達も、そして私たちも笑顔で前を向いていける社会にし

新春コンサートレポート

早いものでもう2月なのですね・・・。 最近はあまり明るいニュースを耳にしませんが、 皆様変わらずにお過ごしでしょうか? 更新が遅くなってしまいましたが、AJC新春コンサートの模様をお届け致します! 今回は、2020年の幕開けにふさわしい素敵なゲストをお迎えいたしました。 お写真真ん中、ユーフォニアムの荒木玉緒先生です! 前回に引き続き、ピアノの平田にもコンサートに彩りを加えてもらい 新年にふさわしい、とてもフレッシュなステージとなりました。 本当にありがとうございました! 吹奏楽をやっている(もしくはやっていた)方ならご存知かと思いますが ユーフォニアムという楽器、その名前と音色を耳にしたことはありますか? ユーフォニアムはお写真でも分かるように、大切なものを抱きかかえるようにして構える楽器ですね! 構え方だけでも素敵なのに その音色はとても柔らかく、温かく、その場を優しく包み込んでくれているかのようでした。 また、ゆったりとした美しいメロディーの曲から、超絶技巧の曲まで幅広いソロの曲を演奏してくださり、ユーフォニアムの魅力を十分に堪能することが出来ました。 荒木先生からは、楽器のことから曲の内容まで、とても分かりやすいお話も頂き より演奏が印象に強く心に刻まれました。 今回はソロでご演奏頂いただけでなく、私のフルートとも一緒にコラボして頂きました。 そういえば、私のフルートも「木管楽器」という分類のくせに、金属でできています。 お写真では全くもって分かりづらいですが、ユーフォニアムがイエローゴールドのような色に対して 私のフルートはどちらかというとピンクゴールドに近い色です。