足利ロビーコンサートレポート

November 30, 2019

先日、足利市で東京から素敵なゲスト3名をお迎えし、ロビーコンサートを開催致しました♪

ゲストの内の1名と私を足すと、シュマン・ド・ネイジュー!

そう、ピアノのゲストは平田でございます。

 

ということで、こちらのBlogでもその模様をお届け致します。

 

こちらのロビーにおいて、昨年度よりコンサートを企画・開催をしてきました。

大学に通う学生の皆さんをはじめ、近隣の皆さまへ平日の昼間に素敵な時間をお届け出来たらと思い

色々考えて企画をしております。

 

今回は、ゲストの皆さま3名に東京からお越しいただけることとなりました!

 

オープニングはシュマン・ド・ネイジュによる演奏から。

 とても響くロビーです。

バレエ<眠りの森の美女>より「ワルツ」、<くるみ割り人形>より「葦笛の踊り」を演奏させて頂きました。

 ゲストのお三方には室内楽Ver.の「兵士の物語/ストラヴィンスキー」を演奏して頂きました。

 

あれ?演奏をゲスト任せにして、私がいないって・・・?

 

 

いやいや~ちゃんといますよ!私は端っこで何をしていたかというと・・・

 

パペットをつかった朗読~~~!笑。

しかもニヤニヤしてる。

 

フルートを置いて、朗読にて参加。

兵士、老人、悪魔、王女さま、

を演じ分けました笑。

 

いやー、思いっきりやってみましたが、録画を見て、もっともっと表現して良かったなと反省。

実はストラヴィンスキー作曲 兵士の物語は、本当に楽曲中に朗読が入っているのです。

しかもフランス語で。

 

楽曲中に変なフランス語を発音してしまうと、素晴らしい演奏をぶち壊してしまう恐れがあったため笑

今回は絵本を参考に、曲間でパペット付き私の朗読一人芝居をさせて頂きました。

 

つたない朗読一人芝居の際も、ゲストの皆さまが情景に合った即興の音を入れて下さり

私的にとても楽しかったです。

 

この曲、CD発売もされていて、本当の悪魔が朗読をしているとVn.の迫田さんが仰っていましたが、

本当の悪魔って・・!?と思ってよく聞くと

 

まさかのデーモン小暮閣下だそうです。

 

 

 

ワ―――っはっはっはっはっはっはーーっ

 

 

 

デーモン小暮ってホンモノの悪魔だったのか!!

そのCD、聞いてみたいなー私もあの笑い方とか参考にすればよかったなーとプチ後悔です。

 

学生や教職員の皆さま、近隣の皆さまにとって

ストラヴィンスキーの響きやリズム感、色彩感はきっと新鮮だったのではないでしょうか?

 

知っている曲だけでなく、え!こんな音楽もあるの?これってどういう表現なの?という

新しい音楽の間口も、このロビーコンサートを通じて気軽に拡げて行って頂ければと思っています。

 

世の中には、いろいろな音楽があります。

身近にあるけど、聴いていなかった音楽。

掘り当てないと、出会えない音楽。

 

あー、一生かけてこれからどんな音楽に出会えるだろうと思うと

ワクワクします。

そして、やっぱり演奏できる時間がとても幸せです。

アンサンブル、最高です!

 最後は、私も混ぜて頂いてアンコールを!

 

大半の時間を朗読でしゃべっておりましたが笑、

一緒に演奏できて幸せでした!

遠路はるばるお越し頂きましたゲストの皆さま、ありがとうございました!

 さあ、最初のお写真と間違い探し!何かがおかしいー!いや、すべてがおかしい!?

 

次回のロビーコンサートは2020年1月9日(木)を予定しています!多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

PAST POSTS
TAG
NEW POSTS
Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey SoundCloud Icon
FOLLOW US !!
Please reload

Blog

2人の活動記録や日々のBlogです。感じたこと、皆様へお伝えしたいことを綴ります。