東陽中アウトリーチレポート

February 4, 2019

あっという間に今年も1か月が過ぎ、2月になってしまいました。

インフルエンザが過去最高レベルの猛威を奮っているというニュースを見ましたが、

皆様、体調など崩されていないでしょうか。

 

私個人は今のところ体は大丈夫ですが、同時進行でいかなければならない事案が

いくつもあり、頭の中が日々カオス状態です。

夢中になって課題に取り組んでいて、ふと窓の外を見たら真っ暗になっていて、

窓に映る自分の顔にぎょっとする最近です・・・

 

演奏レポートもだいぶ溜まってしまい、失礼致しました。

 

もはや、昨年の11月にまで遡りますが

栃木市アウトリーチ活動の一環で、栃木市立東陽中学校で演奏させて頂きました!

 

なんと、東陽中の校長先生は、私が中学生だった時に母校にいらっしゃった先生です。

当時、野球部の監督をされていた印象が強く残っています。

とっても面白くて、いつも色々気兼ねなく(失礼!)お話しさせて頂ける先生で

今回はぜひ私たちにとご依頼を頂きました。

 

そんなに期待して頂けるならーーー!

と、またまたプログラムを練り、構成を考え、身体張りました、私たち。

その模様を少し。

 

フランスの楽曲、日本の季節のメドレー曲でスタートしました。

今回は1時間プログラムだったので、あっという間でした。

その中で体験コーナーも盛り込むので正に時間との勝負!

 

 諸事情により、画像が荒くてすみません・・・

 トークも交えながらの進行です。

中学生の皆さん、とても良く聞いてくれています。

そして、今回の体験コーナーはここから始まった!

 私がトークをしている後ろをそーっと横切るピアノの平田・・・

ん?何か黒い物体を持っていますね、だれかと話している!?

トークを終えた私は、彼女がいないことに気づきます。

ああ、どうしよう、次の曲の演奏時間なのに・・・と中学生の皆さんと焦っていると

何やら体育館に響く着信音が・・・

 

彼女が置いていった黒い物体から鳴っている・・・!?

 

こ、、、これは・・・!?

 

はい、お決まりの

 

「しもしも~~~~?」

 

 と取ると、この方に繋がりました。

 世代を超えて繋がる電話笑。

平野ノラ改め、平田ノラでございます。

 

前回の中学校での演出は、ひげダンスでしたが、今回は、生徒さんたちが文化祭で踊ったという

バブリ―ダンスがテーマ!笑

担当の先生と打ち合わせをして出たリクエストが、これでした。

バ・・バブリーダンスですか・・・👀

私たちも世代ではないため、必死に研究しました。

 

黒い物体の正体は、そう、見よう見まねで作った、初代のケータイ笑

100均で材料を買って来て、工作しました。

 

壇上で私が初代ケータイを使い

『ちょっと~ヒラタ~体験授業で使う、アレ、持ってきて~』というと

 

『おっけ~ばぶり~おったまげ~~~』と

返事が返って来ました笑

どうでしょうか!このクウォリティ!

 

生徒たちも元気いっぱいに盛り上がってくれました。

笑ってくれてありがとうございました笑

いや、私たち、笑ってくれないと悲惨です。

 こちらは体験で「尺八」にチャレンジしてくれています!

東陽中の生徒さんは、積極的!

やりたい人~との問いかけにバンバン手が挙がります。

 

他のお写真もあるのですが、すみません、何故かBlogのスタンプ機能が消え、

生徒さんのお顔を全て隠せないため、残念ながら割愛させて頂きます。

今回も私たちも舞台上から降りて、生徒さんたちの近くで体験楽器の模範演奏をしました。

その時のお写真もお見せしたかったです。。残念。

 

体験の生徒さんの後ろに見えるのが

東陽中マスコットのとよまるくん!!

自校のゆるキャラがいるなんて、すごい!

 

 

この後、東陽中リクエストメドレーでは、生徒の皆さん、先生方のリクエスト曲を交えて演奏しましたが

途中、こんな演出も。

バッハのトッカータと小フーガを私がピアノで弾いている時、

 うう・・・ううーーー腹痛を訴えて登場するヒラタ。

純粋な中学生たちは本当に身を乗り出して心配していました・・・ごめんなさい笑

 

中学2年生ではバッハの小フーガト短調を鑑賞曲で勉強すると思いますが、

その関連で、バッハのお話しも入れてみました。

なんでこの曲が悲劇的な印象を持たれるんだろう?皆、聞いたことあるこの曲が

実はバッハの作品であったこと、意外な感じだったようです。

 

単発で勉強して終わってしまうよりも、様々な描写や他作品に触れることで

少しでも興味・関心が拡がってくれたらとの願いを込めて演奏しましたが

お写真だけ見ると分からないですね笑。

ピアノを押している写真にも見えますねー。

名演技でした!笑

 

後半のバブリーなお写真インパクトが強いですが、

メリハリをつけて、聴いて欲しい時にぐっと音楽に引き込みたい!というのを狙いにしました。

中学生は部活に勉強に忙しくなる時期、心をふっとほぐして音楽を聴いてもらいたいのです。

そして、そのふっと緩んだ時に入る、本格的な楽曲は直に心の栄養となってくれます。

私たちはその瞬間に、質の良い音楽を、心に届く演奏をするために集中します。

 

いやあ、それにしても、

体験コーナーや、学校リクエストや、演出平田ノラから本格的な楽曲までのこの振り幅!

自分たちで言うのもなんですが、シュマン・ド・ネイジュだから成せる技でございます。

各事業、本気で向き合っています。

 

最後、代表の生徒さんからは

紙などに書いていない、シナリオ通りではない、素晴らしい感想を頂けました。

あれだけアドリブでその時感じた事を言えるというのは、すごい。

心からの言葉に感動致しました。

 

ありがたいお言葉と同時に頂いたのが

 

じゃーーーん!

私たちの似顔絵!

 

どうですか?似ていますか??

 現実を見て、さぞかし驚いたことでしょうね・・・

美しく、清楚に描いて頂いて感謝です。

とってもとっても嬉しかったです!ありがとうございました!

 

素敵な花束も頂き、ありがとうございます。

ピアニスト・ヒラタはトロンボーンも鍵盤ハーモニカも披露しました。

 

そういえば、「嵐」が活動休止を発表しましたね。

先日、平田と一緒にニュースを見て、びっくり。

私たち、いつまで身体張れるのだろうか・・・

 

最後はオシャレなカフェ風に。

 お世話になりましたアウトリーチ担当の方、東陽中の先生方、保護者の皆様、ありがとうございました!またご依頼お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

PAST POSTS
TAG
NEW POSTS
Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey SoundCloud Icon
FOLLOW US !!
Please reload

Blog

2人の活動記録や日々のBlogです。感じたこと、皆様へお伝えしたいことを綴ります。