演奏家の船出コンサートレポート2

February 15, 2018

 第二部がスタートしました。

 

 

第二部では、フランスのシャンソンメドレー、日本の演歌オリジナルメドレーなど、耳なじみのある曲を

中心に演奏致しました。

 

第二部の始まりのトークの様子。

 

 第二部オープニングはフランスのシャンソンメドレーから。

ということで!

パリのムッシュー、マダムをイメージした衣装です笑

 ちなみに、私たちがかぶっている帽子は、お借りしたものです。

 

ねえねえ、こういうさ、網みたくなってて、マダムがかぶるような帽子持ってる?そんな帽子ないよね?なんて、ふと話に出したところ、なんと!!知り合いが持っていたのです!

ビバ!!

 

・・・という話をしている様子。

 ヒラタムッシュも真っ黒なハットをかぶり、素敵ですね!

私は黒手袋もしました。が、手袋でつるつる滑り、さらにリングキーフルートのため音も出ないので

指の腹全部にチョキチョキと穴を開けました苦笑。

ドレスに、この素敵なお帽子もかぶらせて頂き、手元が穴だらけ手袋という

謎のマダムです。

 演歌メドレーでは、色々な笛にも挑戦しました。

こちらは沖縄の「海音」という笛。プレゼントに頂きました。

B-durで作られており、沖縄の民謡が簡単に吹ける!!

だがしかし、運指は耳を使って作ったもの、、フルートとの持ち替えに混乱。

演歌の最初、島唄の一部をアレンジして吹いているところです。

島唄からの~八代亜紀さんの舟唄へ・・・・( *´艸`)

 こちらはなんと雅楽で使用される「能管」を吹いている様子。

 

 ああ!残念!!

ちょうど見えませんが、、アルモノを演奏しているところです。

分かった方はぜひこのBlogのコメント欄にお願いします♪

当たった方には何かいいことが・・・考えます笑

 

そして、第二部、背景スクリーンの色が変わっているのがお分かりでしょうか?

このお写真の光はミラーボールです。

BIG SHIPの副館長の井上氏が打ち合わせの時から、念入りにタイミングを合わせて下さり、

曲と共に色を変えて頂きました。

メドレーは、曲の変わり目で私が目で合図しますね、と言っておきながら

演奏に集中し合図をし忘れるという失態を・・・

井上さん、ごめんなさい汗 でも、タイミングバッチリでした!

 

最後はムッシュ、マダームより

パリの男女はこんな感じでしょうか・・笑

 

 このコンサートに出演させて頂くにあたり、BIGSHIPの山中館長さまをはじめ、

たくさんのスタッフの皆さま、

リハーサル時より照明を担当してくださった井上さま

に大変お世話になりました。

心より感謝申し上げます。

 

そして、会場に足を運んでくださった皆様

共に音楽を楽しむ素敵な時間を頂き、本当にありがとうございました。

温かな雰囲気がとても嬉しかったです。

 

またどこかでお目にかかれますことを楽しみにしております。

 

 

おまけ。

私の帰り道

 オリンピックカラー!きれい!墨田区ばんざい!

 

Please reload

Please reload

PAST POSTS
TAG
NEW POSTS
Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey SoundCloud Icon
FOLLOW US !!
Please reload

Blog

2人の活動記録や日々のBlogです。感じたこと、皆様へお伝えしたいことを綴ります。